車の売買契約後のキャンセル

自動車の売買契約で注意しなくてはならないことは、クーリングオフ制度が適用されないことです。そのため、ある買取業者に中古車を売ったあとで、別の業者がさらに高い買取金額をつけてくれたからといって、売買契約をキャンセルすることは基本的にはできません。

そのため、契約成立後にどうしてもキャンセルしたいという場合は、キャンセル料を請求されることもありますし、すでに買取業者から他の人の手に渡ってしまった場合は、キャンセル自体も不可能でしょう。しかし、自動車の売買契約には契約成立条件というものがあり、契約書にサインと捺印をしたとしても、まだ自動車の登録や修理などが行われておらず、自動車の引き渡しも行われていない場合は、契約成立前とみなされ、キャンセルできると思われます。

大体、自動車の売買契約を交わしてから、休業日を抜いて1~2日以内であればキャンセルできる可能性が高いので、キャンセルする場合は早急にお店に連絡しましょう。ただし、契約成立前でもキャンセル料が必要となる場合があります。契約書の内容はきちんと確認しておきましょう。

車 下取り 見積もり